Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
WBC優勝 日本代表 & 小沢と民主サヨクの醜態 & オーマイニュース閉鎖!
えー、まずは日本代表おめでとうございます。
各地でやっているので、素晴らしいことです。

中国→南朝鮮→南チョン→キューバ→キムチ共和国→キューバ→下朝鮮→アメリカ→犯国

いやあ、戦いは素晴らしかったっすね。
なんか勝てば諸々の失態が帳消しになるという結果がすべて社会を痛感するようなもんですが、野暮なことは言いません。

チョンとサヨクはクソザマアア!

ですね。
 だいたい、イチロー暗殺Tシャツなんか作っておきながら、チョン殺Tシャツになっちゃいましたね。
 まあ、漫画には悪役が必要ってことで、韓国=悪 日本=正義が証明されたようなもんです。チョンを擁護していたクソサヨク連中は、雁首揃えて自殺でも図るべきでしょうな。

 で、民主のダメローこと小沢一郎。権力にしがみつきやがりますか?
 これで、民主党が政権をとったら、確実に今より悪い政治になることが保証されたようなもんですな。ウチのサヨクな母親でさえ、小沢は辞めろの一言。
 自民の二階も含めて、キムチ臭い連中は、退場していただくのが世の中の常識。


<オーマイニュース閉鎖>
オーマイニュースは3月25日、ネットメディアサイト「Oh! MyLife」「OhmyNews」を4月24日で
閉鎖すると発表した。「市民みんなが記者」をコンセプトに、「市民記者」が記事を投稿する
スタイルで2006年にオープンしたが、「世界的な経済状況の悪化から、サイトの閉鎖を
決定した」という。

記事投稿は3月30日まで受け付けるが、サイト更新は4月3日で終了。24日に閉鎖する。
市民記者の原稿料は同月末までに支払うとしている。

OhmyNewsは韓国で影響力が高かったネット新聞の日本版として2006年8月にスタート。
昨年8月には「Oh! MyLife」に名称を変更していた。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0903/25/news092.html



まあ、過去

2005年2月23日座談会
浅野:
 2ちゃんねるは自由な言論といっていますが、私の友達が実験したところによると、そうではありません。
私の友達が、2ちゃんねるに、日本で一番大きな組織暴力団「山口組」の名簿と、
皇太子妃雅子さんが精神病だということを流そうとしたのです。ところが流れないのです。
だから西村博之代表は、絶対チェックしていると思います。特に左翼からの言論を。
2ちゃんねるの自由な言論というのは嘘なのです。
大体90パーセントが右翼ですね。5パーセントくらいは違う人たちです。

場所:オーマイニュース編集局内代表事務室
参加者:
オ・ヨンホ代表
チョン・ホヨン副社長
ミン・キョンジン国際部長・記者
浅野健一 同志社大学教授
田中康文 アットニュースとリム有限会社代表
李其珍(同志社大学大学院・通訳)

や、

【ネット】 「2ちゃんねるの一部、やはり"ごみ溜め"」「私を"韓国人"と平気で書くのが匿名ネット文化」…鳥越氏
【マスコミ】 2ちゃんねるなどは「野放しにすると、とんでもないことになる」…鳥越俊太郎氏

だものねえ。

 むしろ、よく2年ももったほうだと思いますねえ。

 世界不況はまるで関係ありません。
 はっきりいえば、ネット社会特に2ちゃんねるのユーザーが激減しているなら、不況のせいに出来ますでしょうが、そのPVで稼がなければならないオーマイライフの形態からして、魅力あるコンテンツの形成がマッタクないから必要なくなった=イラネということの一言に尽きます。

 釣り記事で、チョン擁護の記事がTOPになったり、2ちゃんねる=サヨク嫌いの連中を敵に回すクソ記事を書くような記者を褒めちぎったり、コメント欄の承認制やら、おおよそ自由とは名ばかりの北チョンばりの言論統制を是としてしまう自称責任ある自由な言論機関など、その矛盾に気付かない致命的な馬鹿サヨク的の思考では、なにひとつ社会に寄与しないどころか、無駄であることをマザマザと見せ付けてくれた好例だと思いますな。

 仕事ができないのがサヨク思考ですが、まさにこれ。

 商売するのなら、客層のニーズにきちんと応える。

 大前提です。

 新聞社もシナチョン死ねの日本人のきちんとした意見=今回のWBCのようなチョンを倒せ! という声をマッタク取り上げない。
 むしろ朝鮮メディアのほうが、日本人の偽らざる感情をきちんと報道する。
 こんな報道精神の欠片もないチョンに加担しているクソ企業連中がマスゴミであり、マトモに存続していけるわけもなく。
 そんな発想の延長線上のオーマイライフは、商売の基本さえ抑えていない、減収減益は、自業自得だろうと。

 オーマイライフなんか必要のない社会なんだってことに気付いていない。
 そんな電波意見を嬉々として、朝日新聞の「声」欄とかで使ったりしている既存のメディアがある以上、ネットという特性舞台での商売にはマッタク向かない。

 それは既存媒体と差別化がまったくないわけで。

 鳥越を初め、サヨク連中は、apeman先生とか見ていれば分かるけれど、俺ごときに簡単に論破されるような知識ばっかりの論理がないアホ連中には、絶対に分からないな。
 彼ら自身は気付いていないだろうけれどさ。
 押し付けなんだよね。思想の。
 それは宗教なんであって、あんたらの信じる正義ってのは、とっくに世間では悪であるということを認識しているのだよ。
 それがマッタク理解できていない。  

 たとえば、ネット社会で儲けようとか責任を考えようというのなら、まず2ちゃんねるを敵視するのではなく、むしろこの巨大コンテンツからのユーザーの要望。特に不逞チョンやサヨク連中の締め出しなど、そういった社会問題のところにメスを入れるところ=既存メディアとそれらを叩くことに鍵があるのは明白で、もし作るなら、俺のようなブログたちの意見を集約し、マスゴミを叩くメディアが、企業性と社会性、公共性として求められるネットニュースが必要だったわけだ。
 つまりが、「嫌韓流」ならぬ「嫌サヨクメディア流」という新しいコンテンツと、そういったニーズに応えた商品こそ、爆発的なHITを生み出せるわけで。

 ニーズがない商品は消え去る運命なんだよ。分かったかね。サヨク連中のキモイ諸君。

 だいたい、既存のマスゴミが、共感を得られないで殿様商売が出来たのは、末端のヤクザまがいの連中のごり押し営業のおかげで成り立っているのが、日本の各新聞社。高額の広告費用で賄っていて、たかが1分のCMに億単位の金を要求するのが、テレビ。この二大インチキ詐欺集団の収益が、さも正義を語っている辺りがおかしいわけで。
 また、民間企業に責任を問う割には、こういった裏事情をマッタク見ないで、自分の正義が正しいと信じているクソメディアが多いこと多いこと。
 それに気付かなかったのが鳥越。
 早くから、内部に居た佐々木さんは知っていたけれどね。
 だから、あんたら間違っているよって言っているのに、気付かないふりか、スルーするようなクソ連中。
 これでは、自然と客のニーズに、「イラネ」となるのは当たり前。

 はっきりいえば、ビジネスと宗教を分けて考えられなかったサヨク一派の、社会的な無能さだけが際立っただけだけれどね。

 たとえば、朝鮮でビジネスやるなら、反日ビジネスをやれば儲かる。
 蝋燭デモなんか起きたら、ここぞとばかりに売る。売りつける。やつらの拙い家庭の収益を搾り取る。商売ではなく一方的搾取。
 お買い上げありがとうございます(^^)v

 で、日本ではチョン死ねビジネス。これも儲かる。付加価値として日本の財政を圧迫している在日朝鮮人を排除できる。これもまた徴税を少なくするので結果商売に有利になる。これもまたビジネス。

 費用対効果。客層ニーズに合わせた対応をするのが、当たり前。それができなかったキムチニュースでは、無理ですな。
 ま、壮大な無駄金の失敗メディアだったなとしかいいようがありません。
 結果が想像できる有能な人間がそこかしこにいた(しかも部外者)のに、キムチ脳に侵された上層部のクソが招いた結果だから、仕方ないけれどね。
| Ryogo Sirokaze | 01:13 | comments(4) | trackbacks(3) |
オーマイニュースは死んだ なぜだ!
サヨクだからさ。

オーマイニュースはなぜ失敗したか

 失敗した最大の原因は、明らかに政治思想が偏り、市民記者が実質サヨク思考で塗り固められ、その上そのような記事には、コメントをつけられないような記事にし、結局既存の朝日新聞や毎日新聞と何の変わりもない腐れサヨクの言い分にしかならなかったからであろう。
 そんな記事を読んで納得していると思い込んでいるメディアの存在は、カスである。既存メディアで十分であり、またそんな既存メディアでも、サヨク系記事を好んでみていると思っているだろうが、新聞購読者のホトンドは、ラテ欄(ラジオ、テレビ)、4コマ漫画、広告のみだけ読まれているのである。
 正直書いている内容など、どのような電波記事でも見られている可能性は少ない。
 団塊オヤジだけが、そのような記事を見て、ウンウンうなづいて分かった気になっているだけである。
 実際、自分の年齢で新聞記事を読んでいる人間などほとんどいない。
 ニュースメディアにおけるマーケティング思考には、「日本人の生活時間-国民生活時間調査2005」によれば、新聞は1975年に20代男性で61%、30代男性で80%あった行為者率(新聞を読む人の割合)が、1995年にはそれぞれ31%、52%に急減。さらに1995年から2005年の10年間では、20代男性で32%から21%に、30代男性で55%から29%にまで落ち込んでいる。とある。

 自分の年齢だと、インターネットという便利なものがあり、また批評する空間である2ちゃんねるニュース速報などの板を読めば、たいていどんなものがあるか分かるからである。
 時代は双方向になったことで、既存メディア側の、特に特定アジア大好きな奇特な気持ち悪い連中の発言力が、徐々に後退していることにマッタク気づいていない。民間レベルで、シナチョンによる被害をマッタク無視し、友好友好、すごいすごいともちあげることばかりする、既存メディアと同路線では、とてもじゃないが、鋭い頭のいいネットを使える市民に同意されるわけもない。
 サヨクは一方向で論破していると言っているが、とんでもない誤りである。
 特にこのブログに来ているしまうまのコメントを見ていると、こちらの問いかけにはマッタク答えておらず、自分の発言ばかりして、それも前後関係むちゃくちゃ理論をほざいて、悦に入っているだけである。さらに資料解釈にいたっては、3流どころのレベルではない。はっきりいって、資料一つすらまともに読めないカスばかりである。
 サヨクというのは、かように論理的ではないことが既に分かっているが、そのようなアホ理論が正義だと思い込んでいる人間が多く常駐していることもまた、悲しいことである。
 オーマイニュースは、2ちゃんねるを敵視し、2年前にはオーマイニュースが失敗するなどと微塵も思わなかった鳥越他サヨクメディアの方々は、ネットウヨクの爪の垢でも飲んでみるといい。
 そもそも、2ちゃんねるというのは場所を提供されているだけであって、そこにはどんな思想の人間だろうと容易に入り込み、自由に発言できる環境がある。そこで、サヨク言論が衰退しているのは、サヨク自体に論理的でもなければ、馬鹿な意見しかないから駆逐されているだけであり、そのことを認めたくないための私怨ぷんぷんのメディアを作ったところで、ネット住民がそんなものを見るわけもない。
 そういった意味では、サヨクブログしかり、オーマイニュースしかり、便所の落書きと揶揄している割には、その便所の落書き未満の駄文未満のカスでしかないことが明白なのである。

 彼らがなぜ、そのような驕り高ぶり、上から目線なのかといえば、世論は市民が作るものではなく、彼らが作り出しているという幻想から来ているからである。
 真の世論、「反特亜。シナチョン死ね」があるにも関わらず、そのような思考は、一部の反動主義者とおもっているだけで、本当にそういうものを思っていると一向に考えたことが無いからそのようになっているのである。
 またこういう考えの連中は、自分たちが作る幻想こそが世論になり、日本人は大勢に流されやすいから、自分たちが大勢を作り出す! という思考が透けて見えたからでもある。
 当初からオーマイニュースや鳥越にはそういった洗脳する意気込みをもって、「責任ある」=「大勢に支持される」なんていう固定概念をずっと持っていた。
 韓国が成功したのは、朝鮮人が馬鹿だからであり、反日主義者の巣窟だったから、そのような言論が後押ししただけである。
 日本と決定的に違うのは、本音部分が出るメディアの作成のベクトルが、「竹島を武力奪還して、チョンを葬り去れ」というごく真っ当な意見を封殺するようなことは、朝鮮メディアでは、行わないということだ。ここが大きく違った。
 このような意見を数百も出せば、国会運営は明らかに変わっただろうが、オーマイニュースのような朝鮮企業に、それは諸刃の剣であり、意味をなさない代物だからだろう。

 数年ももたないという認識は、当初から既にあった。それが2年ももったことは、やはり数十億も資金を投入した結果であろう。

 俺に言わせれば無駄金の一言に尽きるが。

 結局、オーマイニュースの失敗は、ネット言論=本当の市民を舐めていたことにある。プロ市民や反日活動家のお庭で、よいしょされている既存メディアには、到底本当の市民の力にかなうわけもない。
| Ryogo Sirokaze | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひさしぶりに話題にするオーマイニュース。終了のお知らせ
オーマイニュースの内情をMyNewsJapanが詳細報告「市民みんなが記者だ」で知られるオーマイニュース日本版が9月からは市民ニュースサイトの看板を降ろすこ..........≪続きを読む≫

オーマイニュースの流れが分からない方

特亜に反論する2Chなどの隆盛
 ↓
チョンメディアであるオーマイニュースで、言論統制を図る気マンマン
 ↓
稼動する前の記事から炎上(笑)
 ↓
「異論反論ドンドンください! そんな活気のある場にしようじゃありませんか!」
 ↓
初日に、釣り記事で特亜記事にサヨクに都合の悪い意見殺到
サヨク市民たちの意見にも、厳しすぎる意見が。
 ↓
「コメント会員廃止します」
 ↓
PV低下、鳥越編集長の責任問題に発展。一部ニュースで辞任ニュースが流れる
 ↓
「僕が編集長辞めるなんていつ言いましたか!」
 ↓
オーマイニュース、辞任ニュースを流したメディアに謝罪要求
 ↓
「編集長辞めます。体調悪いんで」
 ↓
案の定、鳥越解任。流したメディアに、その後の対応はなし
 ↓
現在、毎日元気にテレビ出演中!


結局さ。サヨクって反論されるのが一番ダメなんだろうな。

お前の考えはもっともだけれど、俺の考えは違った!

 くらいにいえんのかね(笑)。
 そもそも、インチキサヨクのインチキ垂れ流しメディアなんて、所詮言論の自由なんて確保されるようなもんでもなく、またインチキ特亜に言論の自由なんて無いこと自体、サヨク自身が言論の自由の放棄をしているようなもんだし。
 そんなんで、世間の論をふりむかせようなんて無駄すぎるな。

 しまうまのやり方を見ていれば、だいたいサヨクってバカの一つ覚えみたいに、
「〜のサイト」に書いてある。
→いや違うし
「そんなことはない。可能性はあるんだ!」
→確定って言ってなかったか? っていうか欺瞞というんだから、絶対的なもんじゃねえの?
「いついった?」
 こんな愚にもつかぬ論調を延々と繰り返すキモイサヨク君がしまうまである。
 
 ばかばかしい。

 他人に推挙して、論破されてるんだから、お話にならん。
 20万都市は欺瞞と言っている割には、いまだに「確定証拠」が出ていないのだから、それは単なる空想であって、論拠ではない。
 必死なしまうまくんの8ヶ月かかってやっているのは下記のことである。
 20万都市が、1ヵ月後も25〜30という20万都市である構造からは、一向に抜け出せてないにも関わらず、50万都市はあったんだとかほざいているしまうまくん。
 20万都市を否定し、50万都市という割りには、安全区外説を採っても25〜30万という資料をもってくるアホさ加減といい、市民は脱出できないとか言っている割には、11月以前に止まっていなければ成り立たない論だがその資料が出せていないし、5〜10万は安全区外に住んでいたんだ! と力説する割には、安全区外は暴虐の限りを尽くしていたんだ! と人が住めない状況をわざわざ説明するし、サヨクって頭に蛆虫がわいてるんじゃね? としか思えない。

 はっきりいえば、50万都市説は矛盾がある。
 20万の食料請求が安全区内だといった場合、安全区外には彼らの主張では30万は生息していなければならない計算になる。それらの食料や安全性がなければ、生息のしようがない。
 それがまったく説明できないから、笠原は数の論理から逃げ出した。彼の理論は、我田引水かつ、実証主義には程遠い。
 きちんと資料を読めば、船が止まっているとはまったく読めないし、やはり、25〜30万。安全区内にいたという結論にしか到達しない。すなわち、30万人虐殺はやはり不可能という結論に達する。
 あのwikiの論は、11月以前に船が止まっていた&南京から陸上で輸送ができないというありえない状況を説明しない限り、市民が脱出できないというのは欺瞞である。南京市はむろん陸続きなので、海路しかないという限定条件などありえない。また、海路にしたって、戦争がおきる8日前までで市民は24万は最低脱出できる計算になっている。これらを覆す資料はいまのところ見当たらない。
 しまうまが、自信満々に出した資料でも、脱出できる能力があることが証明できているのだから、アホとしかいいようがない。 

 オーマイニュースもこの構図とほぼ一緒。
 鳥越の頭の中では、責任ある言論=受け入れられる言論なんて、思っていたんだろうな。
 つまり、ネットウヨク言論<オーマイ言論と思っていたから、オーマイニュースに人が来ると思っているんだろうけれど、オーマイに説得力なんて無いのがよくわかっているから、こんなアホサヨクに付き合ってられん。となって、衰退するのは当然なのである。
 PVが下がり、従業員解雇の憂き目にあうのは、当たり前である。
 そもそも、マスゴミはシナチョンに厳しい見方をすれば、シナチョン団体からうざい抗議が行われ、それをネタに腐れ不貞朝鮮人は日本からつまみ出すべき! という論調を貼ればいいものを、それができないから、事実を隠す。政府の都合の悪いことを隠しているのよりもっと酷い連中だと思ったほうがいい。
 そういう、偽善の中で「公共の放送」という意識なんかあるわけないのに、偽装しているんだから、2ちゃんねるの意見のほうが、多種多様だがシナチョン死ねの声が多いのは、民間人がマスゴミと凄まじく乖離している証左なのだということを、理解できていないからだろう。

 毎日変態新聞に掲載された記事の中に
「アンケート結果では、中国朝鮮と仲良くしなくてもいいという声が多かったけれど、サイレントマジョリティを考慮して仲良くしたほうがいい」
 こんな非常識レベルではお話にならない。

 マスゴミは、さっさとサヨク思想を弾劾し、シナチョンと一線を画さない限り、ネットで同じことをやれば、同じ失敗をするだけである。
 毎日JPの広告がなくなっていくのも、オーマイニュースが無くなっていくのも、サヨクの主張がクズでバカで、論理的ではないアホだからだ、と気づくべきだ。
| Ryogo Sirokaze | 13:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
オーマイニュース久しぶり
1日のPVが1年で100万→20万へ、市民記者4000人台

「インターネット市民記者制度を目指しスタートした“オーマイニュース日本語版”(写真) サービスのページビュー(PV=閲覧数)は当初の期待とは違い、不振に陥っている」と日本のメディアが報じた。

これは、朝日新聞が昨年末掲載した「編集方針に批判集中・閲覧数伸び悩み…オーマ
イニュース苦戦」という記事。同紙はこの記事でオーマイニュース日本語版の問題点を
指摘した。韓国のインターネットメディア「オーマイニュース」は2006年8月に日本語版をスタートさせたが、初期は1日平均ページビューが100万回を記録していた。ところが、最近は平均20万件台に下がっている、と同紙は報じている。また、1年以内に市民記者
1万人を確保するのが目標だったが、実際は4000人台にとどまっているという。

昨年末、オーマイニュース日本語版を手掛ける「オーマイニュース・インターナショナル株式会社」の元木昌彦社長(当時編集長)は北海道新聞に寄稿、「(日本には)世界でも
例のない(活発な)ブログや匿名掲示板文化があるため、あえてオーマイニュースに参
加する必要性を感じないと予想していた」と、日本語版サービスが直面している壁を告白
した。同氏は「最大の問題は、2年後の黒字転換を目標としているが、そのビジネスモデ
ルをどのように構築していくべきか、見通しが立たないこと」と語った。

昨年9月末、オーマイニュース日本語版には編集委員だという市民記者が「なぜ市民記
者は途中でやめてしまうのか」という長文の記事を掲載した。朝日新聞はこの記事を引
用し、▲市民記者ではなく内部の編集部員または編集部が依頼した所で作成したいわゆ
る「内部記事」が全記事の25%に達している▲トップ記事の場合「内部記事」の割合が40%
以上を占める▲市民記者のうち実際に記事を書いている人は3%にすぎない―と報じた。

 これについて、オーマイニュース日本語版編集部は「批判は真摯(しんし)に受け止めるが、記事に引用されている数字は間違ったもの」と反論している。

http://www.chosunonline.com/article/20080123000043




 ああ、もうネタにすらならなくて、1年近くほうっておかれたカテゴリーで東亜N+で見なければ、すっかり存在すら忘れていたよ。
 最初からこうなると思っていたからねえ。

 サヨク系馬鹿が、ニュースサイトをやる時点で、既存と変わらないし。
 さらに、サヨク記者は己の記事を批判されたら、ノイローゼとかになったとかで、コメント欄受付拒否とか。まんまサヨクブロガーのクズどもと一緒。批判に耐久性がないのに、他人を批判するクズども。本当、ネットウヨクとかいう存在を作り上げないと、アイデンティティが崩壊するような馬鹿だらけ。
 そんなやつらが書き込み、編集するニュースなんて面白いわけが無いだろ。

 鳥越は、匿名だから責任が取れないとか、責任あるから記者が集まるとか寝言言っていたけれど、己の言論に責任を取らないクソサヨクの連中じゃ、有名無実だろ。

 もしPVを増やし、社会に影響を及ぼしたい「個人ニュース」を上げるのなら、「半島人の非常識行動一覧」とか、「在日朝鮮人帰国化計画」とか、そういう需要を満たすべきだと思うな。「慰安婦は嘘」「日本海名称や竹島を脅かす朝鮮に鉄槌を!」こんな記事があったら、PVかなりあがること間違いなし。
| Ryogo Sirokaze | 21:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
また、朝日新聞の捏造
朝日報道「全く違う」 「ナンバー」が抗議2007/1/23

スポーツ総合誌「ナンバー(Number)」(文藝春秋)で、同誌編集長の朝日新聞への怒りのコメントが綴られた。それは、2007年1月6日付(夕刊)朝日新聞「スポーツ総合誌 苦境」と題された記事について、「実情とはまったく異なる」と説明、朝日新聞に対して抗議する、というものだった。

2007年1月18日に発売された「Number」670号では、1ページに渡って編集長・河野一郎氏のコメントを掲載。朝日新聞の該当する記事の写真まで入れて、

「相次いだスポーツ総合誌2誌の休・廃刊をもって、ナンバーも同様に苦戦しているかのような、実情とはまったく異なる報道が一部新聞でなされました」
と朝日新聞の記事を「誤報」といわんばかりに批判した。

記者は他誌とは状況が全く異なることを理解していた?

「ナンバー」は朝日の記事に「実情とまったく異なる」 朝日新聞は、07年1月6日付けの夕刊1面で、「VS.(バーサス)」(光文社)の休刊、「SPORTS Yeah!(スポーツヤァ)」(角川書店)の廃刊を挙げ、2006年ドイツW杯における日本代表の敗退が痛手でスポーツ総合誌の売上が伸び悩んだとして、「スポーツ総合誌が冬の時代を迎えている」としている。そして、「根強い読者層を持つNumberも例外ではない」とした上で、文藝春秋常務の鈴木文彦氏の

「総合誌は冬の時代に入った。雑誌作りにスターは不可欠で、人間的に訴求力を持っていた中田の引退は大きい」
というコメントを掲載した。

「Number」ではこれに対し、06年度上半期が前年対比で実売部数が増加したことなどを具体的な数字を入れて朝日の記者に説明し、その記者から「Number」と廃・休刊した他誌とは状況が全く異なることを理解したという返答が実際にあったと説明。

「にもかかわらず、1月6日付け朝日新聞夕刊には、『スポーツ総合誌苦境』、老舗ナンバーも『苦戦気味』という活字が躍り、休・廃刊した他誌と同じように小誌も例外ではないと報道されました。取材に際して示したナンバーの堅調ぶりを示す数字は明記されず、コメントについても、あくまで一般論として述べた部分のみが掲載されました」
と不満をあらわにした上に、

「取材に際してナンバーは、スポーツと同様、常にフェアであることを心がけています。フェアな精神があって初めて、自由闊達な報道が可能になると考えるからです。その意味でも、今回の記事は残念でなりません」
と述べている。
だとすると、「スポーツ総合誌苦境」という特集そのものが成立するのか、怪しくなってくる。

朝日、文春とも「個別の取材には応じない」
さぞや怒り心頭なのだろうと思い、「Number」の河野編集長に取材を試みたのだが、帰ってきたのは意外な答えだった。

「朝日新聞とやりとりをしている最中なので、他メディアの個別の取材には応じていない。あれは、読者から問い合わせがあって、読者への説明ということで、それ以上でも以下でもない」
J-CASTニュースが「それは新たな争いが起こるのを避けたいからなのか」と訊ねても、「それには答えられない」という答えしか返ってこなかった。
一方、朝日新聞にも「『Number』の指摘に対しての見解を訊きたい」と取材を試みたが、朝日新聞広報部は、「いま(文藝春秋と)話し合いをしていますから、それを第3者に言うことが適切かどうなのか検討させていただきたい」と言い、のちに

「この件につきましては、文藝春秋社と話し合いをしているところですので、回答は差し控えさせていただきます」
と書面で「回答」してきただけ。双方とも「誤報だ」とも「誤報じゃない」とも主張しない「不思議」な対応に終始している。
続きを読む >>
| Ryogo Sirokaze | 09:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
2ちゃんねらーとしての予言は大当たり
えーくだん、私、前のエントリーで言っておりましたが、

そのことが、彼ら言論人には、サラリーマン経営者的感覚がゼロであることも露呈している。
市民が何を求めているか、を市場が何を求めているかと置き換えれば、
鳥越氏他、編集部の大勢の向かうところ、経営陣はクビもんである。
会社の資金を私物化しているとでもいうべきか。
ページビューが減っていることは、彼らが市場のニーズに応えきってない証左である。

断言してもいいが、オーマイニュースは衰退する。

この部分、的中。
ま、誰でも読めるか。左巻き思想の馬鹿連中以外は。
オッズ的には、1.1倍?
mumurさんところ

朝日新聞
12月17日付朝刊
「意見ではなく事実示したい」 鳥越編集長に聞く (ネット上のソースなし)

---サイトへのアクセスが伸び悩んでます。

「広告収入にもつながらない。1年で結果を出さないといけない」
「匿名だったらもっと増えたが、責任ある実名文化を築くためにやっているのだから、それは選ばない。ただ、量的な拡大は必要だ。」


---寄せられる記事の質はどう評価しますか。

「初めて取材するのだから、身の回りのことから書き始めるのは仕方がないが、少し『意見』が多すぎる。やはり事実を示すのがニュース」
「記者クラブにこもっている記者が書けない独自の記事が出てきている。後はスクープが必要」


---記事が偏っているなどの理由でコメント欄の「炎上」が続きました。

「韓国発祥のサイトということで反感もあるようだが、日本と韓国の間の問題について議論することは大事だと思う。ただ、あしざまな中傷は論外。記者は実名で書いているのにコメント欄は匿名で中傷を書く。後ろから切りつけるようなものだ」


---編集長が自ら匿名の掲示板を批判する発言も反感を買いました。

「あそこに書かれていることは本当にひどい。彼らが反発してくるのは想定内で、僕の挑発に乗ったな、という感じだ」

続きを読む >>
| Ryogo Sirokaze | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーマイニュース、ついに言論統制を図る
ま、予想していたこととはいえ、最低なあれだな。
コメント欄の実質な排除に近く、また市民に意見を求めているポーズだけとっているってのも、予想内。
http://blog.japan.cnet.com/sasaki/
佐々木さんのみ、唯一本物のジャーナリストとして認められよ。

http://news.ameba.jp/2006/11/sp1120_2.php より一部引用

 2006年8月に立ち上がり、Web2.0時代に一大旋風を巻き起こすと思われていたオーマイニュース日本版が11月17日をもって新時代を迎えた。すなわち、創刊時の理念であったWeb2.0との決別である。
 記事中の「ひと言欄」にコメントを書き込むことができる「オピニオン会員」の制度を廃止し、詳細な個人情報を 編集部に提供した「市民記者」でなくてはコメントできなくなったのだ。ミクシィよりも厳しい会員制だ。

**********************
民主主義ってのは、馬鹿発言も許されるが、それに対する批判も寛容的でなければならず、ブログを書いている自分でさえ、批判は免れない。
そういったものを排除すれば、単なる自分の思想の垂れ流しであり、お仲間だけでやってればいいんだよ! ってことにもなる。
既存のメディアがこと特定アジアの最低な部分をニュースとして出さず、あるいは歪曲するため、まったくメディアとしての信頼がゼロになっていることにも由来する。
それが、凄まじくネット上で広がってきたわけだ。

日本のメディアのほとんどは、報道の自由とは言うが、言論の自由とは言わない。
彼らの、選別できる報道の自由のほうが、既得権益があるからだ。
言論の自由という批判されたくないものに、目をふさぐ、都合の良い言葉である。

佐々木さんには頑張ってほしい。
唯一、ものが見えていると言っても過言ではない。

もっとも、佐々木さんも書いている通り、双方向メディアの利をなくした時点で、オーマイニュースは単なる朝鮮オナニーニュースで終わるけれど。
続きを読む >>
| Ryogo Sirokaze | 18:25 | comments(0) | trackbacks(4) |
サヨク系の連中は総じて2ちゃんねらーという思想集団として扱う
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000001995
オーマイニュースの鳥越にしろ、左翼がかった連中って、2ちゃんねるをある特定の思想集団として扱うあたり、ほとんど馬鹿か無知か無能かとしかいいようがない。
2ちゃんねる書き込み者は、ある特定の団体といえるのか?

まず、2ちゃんねるの特徴から

1 巨大掲示板である。
2 匿名参加が可能である。
3 誰でもアクセスできる。

の3つである。

この事実に反論は出来ないだろう。
で、ここに書き込みが出来るのは、ある特定の思想を持った人間だけしか書き込めないのだろうか?
答えは、3の前提から、思想があろうとなかろうと、誰でも見れるし書き込めるのである。
サヨクの指摘は、ここからして間違っているのだ。
ともなれば、一個集団と考えるのには遥かに無理なのだ。なぜなら、嫌っている人間でも参加できるのである。

じゃあ、なぜサヨクさんは2ちゃんねるを敵視するのか。
それは、2ちゃんねるに来る圧倒的多数の個人が、彼らの主張を全面的に撃破してきたからである。
撃破出来た理由のひとつに、圧倒的な資料と検証がある。
喚けば、あるいは誘導だけでは、なんの意味もない。
ソース至上主義。その結果の嫌悪サヨクマスゴミであり、嫌悪朝鮮人(在日含む)である。
思想集団など見当たらないのは、こういうところだ。

まあ、思想活動で飯を食っているサヨクや日本に寄生している在日朝鮮人と違って、
2ちゃんねるにいる連中は「不真面目」としかうつらないが、
そもそもが、掲示板というのは遊び場であって、楽しむことを客観的に判断する連中ともいえるのだから、
真剣に反日活動で利益を得ている連中にとっては面白くもないところだろう。。

国内サヨクの特徴は

1 弱者を見下す(偽善的強者。たとえば、朝鮮のような下卑た民族に哀れみを覚えるが、己は、朝鮮人呼ばわりされるのを嫌い、彼らよりも上だから、こいつらを支援してやるという歪んだエリート意識を持った連中。同様に、ニートや無職などを論ずるときにもその傾向が見られる)
2 特権的反日(反日であるくせに、日本人としての権利は主張する。在日朝鮮人や朝日新聞などにも傾向が見られる)
3 傲慢である(自分の考えに逆らうものは、絶対に許さないので、敵対者は紙面にて徹底的に悪として書く)
4 自分に逆らうものは、特定の集団や何かの罠と思い込む(MMRでいうレジデント・オブ・サン(笑))

私がサヨクを分析したところ、このようなものだ。
特にマスコミなど、自分に反対する者は、集団であると誤認する。
それは自分の主張がどこかおかしいからだと気づかないからであるし、
抗議に来る連中が、まずもって彼らのお仲間の市民団体や朝鮮団体の卑劣なレベルでからしか考えないからである。
2ちゃんねらーの悪い連中とひとくくりにする理由は、ひとつだけだと思う。

不特定多数の人間が、自分の主張が間違っていると認めたくない。

これだけだ。今回取り上げるオーマイニュースの音羽記者など、見ていて痛々しい。
論理もなにも自分で作った文章で、「〜だろうから〜だ!」という推測で結論を導き出すのだから、MMRキバヤシ並の詭弁家である。
本気で騙せるのは、中学生ぐらいまでのものだ。
大人はニヤニヤしながら、電波論を楽しんでいるが、どうにもそんな様相だ。

朝日の社説など、自社が作り上げた虚構の上に成り立った「村山談話」などの継承が、自社の論説が受け入れられるとどうだといわんばかりの喜びようである。
だから、彼らの論理を覆すのは「特定の思想集団」であるという結論を信じたいだけ。
もちろん、職業でやっているのを否定されたら、そりゃあ怒る。なぜなら、彼らの飯の種を奪うことに他ならないからだ。
だから、ネットを使う不特定多数を「集団化の暴走」とか、「危険なもの」とかいう印象を植え付ける。
それもある一面では間違ってはいないことは俺も認める。
認めるが、忘れてはいけない。
報道の自由を標榜するマスコミのほうが、自社記事で、個人に対し、集団化の暴走を促すことの旗手であったことを忘れてはないか。
ネット上で、自社の論理にそぐわない人間を槍玉に上げ、攻撃を加えようとする。
それが、ネットではなく過去から現在まで、マスコミのほうにはその自覚がない。
松本サリン事件しかり、小林よしのりしかり、拉致事件をでっちあげだの、日朝友好に邪魔とまで書いて、扇動した罪は重い。
また、報道しなければならないはずの玄界灘事故や最近の韓国船タンカー衝突による漁船の痛ましい事故など、朝鮮を批判することは一切報道させない。

他人は批判するが、自分は批判できない傲慢な連中である。
だから、2チャンネルに来る不特定多数が、サヨクを嫌うわけだ。
現実世界でも、同じだと思う。傲慢な連中を、今まで叩いても公にされることはなかった。
たまたま、ネットという媒体が、大勢に知らせるようになった。それとともに、共感できる人間が増えている。
それだけである。
社会的な正義感によっているわけでもない。
無茶な正義を振りかざし、周囲に迷惑を掛けている馬鹿な悪党がいるから叩くだけなのだ。

まあ、主題はココから。

死ぬ死ぬ詐欺と評しているのを批判している人がオーマイニュースで取り上げられた。
マトメサイトを見て、なんてこいつら人の気持ちの分からぬ奴だろう、という。

死ぬ死ぬ詐欺のマトメサイトも、今回の一番の犠牲者が「さくらちゃん」とこれから「寄付を募らなければならない人たち」という認識があり、基本前提を持っている。

今回マトメサイトで批判されているのは3点

1 両親が身銭を切らずに、マスコミ人の立場を利用し、募金活動で収集に励んだこと。
2 NHK職員であることを隠していたこと。
3 募金の用途が使途不明なこと

これらに対し、くだん音羽記者を含めた連中のいうこと

1 手術料金や術後料金がいくらかかるか分かってない上、両親の年収だってわからないだろうに、憶測で言ってるのに批判できるのか?
2 批判する2ちゃんねらーは、募金をしていない連中であるだろう。従って批判するに値しない。
3 2ちゃんねらーは集団化で、自分たちの言葉が正義だと思い込んでいる。

まあ、ね。
コレをまとめると、今回の募金活動批判しているほうが、より具体的に各個別案件に対し、具体的に迫っているのに対し、抽象的な印象操作でしかないのが分かる。

しかもね。この音羽記者。論理的致命になるのを、やらかしちゃってるんだよ。

憶測で言うのを批判するな。と前述するなら、募金していない連中であるという憶測もやめるべきなんだよな。

実は、ちゃんと読めば、募金の使途不明さえなければ、募金せざる事情があるのだから救おうとか、逆に立ち上がるのもネットの力なんだ。
それを百も承知なんだよ。批判する側は。
ちゃんと実例もある。インターネットでPCの余ったCPU能力で難病の解析に挑むための活動も2ちゃんねらーが率先してやっているんだよ。
こういう活動をしている連中を知らないで、ボランティアや募金をしない連中と見下すのはいただけない。

初期段階で団体職員とか「NHK」であることを隠したり、自宅資産の保有を隠していたりして、自分の資産は確保したままで、貧乏人の浄財からは受け取るなんていう考え方が、そもそも募金の相互扶助の精神じゃないんだよな。
そこが、今回一番祭りになったところだと思う。

後から試算したら、両親は3000万集められるという。
そこからしておかしくないか? という思いがある。
いや、もっと隠し資産があるというわけじゃあない。
一般人は100万集めるのだって、大変なんだよ!! ということを音羽記者は考える必要がある。
「最初からその額を引いた額を募金によって賄わせてくれと言え」と言われても仕方ないよ。

それが正義に名を借りて、批判しているというふうに捉えられるのだから、偽善者そのものとしか言いようがない。
そもそも、これを批判するのが正義じゃないとでもいうのだろうか?
募金は相互扶助のものだと思っている。

日本にはこういうことわざがある

「情けは人のためならず」

間違って引用する人も居るけれど、人に対する情けは巡り巡って自分も受けるものだから、己にしているも同然という意味だ。
因果応報のことだけれど。

だけれど、それを踏みにじられたのだから、批判してしかるべきではないか。

甘んじて受けざるを得ないだろう。
それに、巨額のNHK本社から、募金を頼むのが筋じゃないか?
という批判もある。平均年収1000万円がNHKだ。
特に裏金ばかりを使って、数億円を無駄にしている実態があるというのは、音羽記者も知っていなければおかしいが。

| Ryogo Sirokaze | 08:48 | comments(0) | trackbacks(1) |
平和というのはな、キルヒアイス。無能が最大の悪徳とされない幸せな時代を言うのだ
<インタビューアーの資質>

元記事 

mumurさん http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50611388.html

インタビューワーの鳥越(というより、特亜ファシスト)のテンプレを垣間見え
る。
こいつらの特徴は、インタビューや何かする前から露骨な結論が出るということ

以前、ここでもネットウヨクの質問に、おそらく世間では私はネットウヨクであ
ろうが、
屁理屈的ではあるが「ネットウヨク度ゼロ」にすることを可能にしたのを証明し
た。
このことから察するに、おおよそ特亜ファシストの共通項は、ネットウヨクを抹
殺したくてしたくて仕方ないらしいな。
どんな手段をもってしても悪として認識させたい。
ところが、ネットウヨクと現実世界で戦えるほど論拠を持たないことを自覚して
いることだけは分かっているようだ。
その知恵がないから、仲間意識を持って、共感することだけで終わるのが多い。
特亜オタクかマニアと結論できるか?

その傾向は、鳥越のインタビューワーの資質についてでも分析できる。
件のHPに掲載されている鳥越のインタビューをつまみ出してみれば、一目瞭然。

鳥越 「さて、安倍さんへの評価ですが、どこがいちばん問題だと思いますか」
鳥越 「『愛国心』を育てようということのようですが」
鳥越 「安倍さんは『私は闘う政治家だ』と強調していますね。おそらく北朝鮮
による日本人拉致問題の実績があるということなんでしょうが」
鳥越 「まさか北朝鮮と戦うわけじゃないでしょうが、自民党の一部には「敵基
地攻撃論」という声まで出ている」
鳥越 「私は今、日本の社会のムードが全体的に右のほうに動いているように思
うんです」
鳥越 「そういう状況に民主党はどう対抗していくのですか」
鳥越 「例えば靖国神社参拝問題ですが、小泉さんは靖国神社に行きました。安
倍さんは4月にひそかに行っていた。小沢さんの靖国に対する考え方をあらため
て聞かせてください」
鳥越 「靖国神社には私も行ったが、遊就館という施設があって、あの戦争は自
存自衛の戦争であって、やむを得ない戦争だったと書いてある。普通に赤紙で死
んだ一等兵、二等兵と東条英機さんの写真が同じところに貼ってある。そういう
ところ、やっぱり胸が痛む」
鳥越 「少なくとも民主党はそういう戦争観は持っていないと」
鳥越 「そのへんがはっきりしてくれば国民も選択しやすくなる」
鳥越 「あらためて最近の日本の風潮なんですけど、例えば加藤紘一さんが靖国
問題で小泉さんにずいぶん反対していた。そしたら、たちどころに自宅が放火さ
れた。お母さんは97歳だそうですが、もし在宅されていたら……。こういうこ
とが起きるなど、なんとなく嫌な空気になってきているのではないですか」
鳥越 「理屈ではなく、有無を言わせず、いきなりドンとくるのは、通じるとこ
ろがあるのでしょうか」
鳥越 「だから嫌韓、嫌中という若者が増えている」
鳥越 「安倍政権でもそうなる可能性が高い。そこは民主党は体を張って止める
と」
鳥越 「政権取るのはいつごろになりますか」
鳥越 「自信ありますか」

あはははは。コレを見て、あることに気づきませんか?
気づいていない人。
ヒントを差し上げましょう。左の鳥越の文字を消し、「」を取ってみてください


では、ヒントから。

さて、安倍さんへの評価ですが、どこがいちばん問題だと思いますか。『愛国心
』を育てようということのようですが
安倍さんは『私は闘う政治家だ』と強調していますね。おそらく北朝鮮による日
本人拉致問題の実績があるということなんでしょうが、
まさか北朝鮮と戦うわけじゃないでしょうが、自民党の一部には「敵基地攻撃論
」という声まで出ている。
私は今、日本の社会のムードが全体的に右のほうに動いているように思うんです
。そういう状況に民主党はどう対抗していくのですか。
例えば靖国神社参拝問題ですが、小泉さんは靖国神社に行きました。安倍さんは
4月にひそかに行っていた。小沢さんの靖国に対する考え方をあらためて聞かせ
てください。
靖国神社には私も行ったが、遊就館という施設があって、あの戦争は自存自衛の
戦争であって、やむを得ない戦争だったと書いてある。普通に赤紙で死んだ一等
兵、二等兵と東条英機さんの写真が同じところに貼ってある。そういうところ、
やっぱり胸が痛む
少なくとも民主党はそういう戦争観は持っていないと。
そのへんがはっきりしてくれば国民も選択しやすくなる。
あらためて最近の日本の風潮なんですけど、例えば加藤紘一さんが靖国問題で小
泉さんにずいぶん反対していた。そしたら、たちどころに自宅が放火された。お
母さんは97歳だそうですが、もし在宅されていたら……。こういうことが起き
るなど、なんとなく嫌な空気になってきているのではないですか。
理屈ではなく、有無を言わせず、いきなりドンとくるのは、通じるところがある
のでしょうか。
だから嫌韓、嫌中という若者が増えている。
安倍政権でもそうなる可能性が高い。そこは民主党は体を張って止めると。
政権取るのはいつごろになりますか。自信ありますか。

すごいよ! 全部文章として意味があって、繋がるよ。もちろん、疑問文型には
おかしいところもあるが、それを除いても意味ある日本語として繋がる。
これって、質問じゃないよ。明らかに。
自問自答に近いことをやっているってこと。
小沢さんの回答を見るまでもない・・・・・・っていうか、ここまで凄いと何も
言えん。
小沢さんが何を言いたいのかはっきり分からないとmumurさんところのBLOGコ
メントに書かれている方もいたけれど、
こんなん、誰が受けたって「鳥越のワンマンショー」に合いの手をうっているだ
けの観客以上にはなれんよ。
はっきいって、これをインタビューというか?
インタビューというのは、普通は相手の言葉を受けて、それはどうしてですか?
 とか理由を聞くのじゃないのか?
ところが、鳥越の行っていることは、誘導した自分に向けた言葉でしかない。
質問事項に、自分の思想を載せて相手に答えさせるのは、単なる洗脳だ。
いままで、朝日を始めとするチョン系マスゴミに染まった人々は、原文ママに載
せてしまうと、いかにジャーナリストとして無能かがはっきり分かる。
インタビューワーとしても無能。失格なのに、クズが高給を取れる現実を、鳥越
は感謝すべきだ。
| Ryogo Sirokaze | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤井邦道再び
オーマイニュースで大人気の田中記者(笑)。
初日から、1位を獲得したぐらいにレビューありすぎだが、
これ、実はネタ臭かった。
2ちゃんでは、すでに本人? と思わしきものが、降臨。
こんなん掲載するチョンマイニュースに問題があるのは無論のこと、
かつて朝日新聞も、この「特亜トラップ」(笑)に引っかかった経緯がある。

http://www.hi-ho.ne.jp/inverse/turiage.htm

やはり編集部は特ア化した奴らが多いのだろう。
あっさり、特亜トラップに引っかかる。
声欄と違い、オーマイニュースは「市民が記者」になっているうえ、
コメント欄で反撃を食うため、特ア系売国連中には、もう見ていられない状態になるだろうな。
間違いなく、2ちゃん(東亜N+、ハングル板、マスコミ板)のおもちゃ。
そうとしか、思えん。
| Ryogo Sirokaze | 11:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
Comment

amazon









BLOGPET

イサミたんの部屋

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

ADMIN

無料ブログ作成サービス JUGEM

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Anti North and South Korea

Stop the Fabrication of Korea movement
No More Korean Boom!!
ブルーリボン運動(北朝鮮よ滅びろ!) No More Korean Boom!!

Search

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links