スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
早いよ早いよ、スレッガーさん。
フィッチ、韓国の格付け見通しをネガティブに引下げ

【ソウル10日聯合】国際的な格付け機関のフィッチレーティングスが、韓国の長期外貨建て信用格付けを「Aプラス」に据え置き、格付け見通し(アウトルック)を「安定的(ステイブル)」から「否定的(ネガティブ)」に下方修正した。
 アジア・太平洋の信用格付け責任者を務めるマコーマック氏は10日、「急速な景気冷え込みによる銀行圏の借り入れ減少負担拡大、資産健全性の悪化により、韓国の対外信用度が低下する可能性がある」と述べた。一方で、潜在的な外部資金需要は拡大しているが、豊富な外貨準備高を考慮すると流動性の懸念は大きくないとしている。

 同社のアウトルック下方修正に対し企画財政部は、韓国経済に問題があるというよりも世界経済見通しの変化によるものだと説明している。その上で、格付け自体は据え置かれているため、海外借り入れコストには影響しないものと予測した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2008/11/10/0500000000AJP20081110000900882.HTML




 前回、「5ヶ月は続く」といっていましたが、なんか韓国の余命2ヶ月くらいに縮まりそうな。

早いよ、早いよ、スレッガーさん。

 というのも、10年前、韓国は格付けを下げられた瞬間から崩壊の序曲。
 一ヶ月でアボーン。
 無理も無い。なぜなら、格付けを下げられれば信用取引が不能になってくる。
 そうなると、韓国の体力はホトンド無くなってくる。

 もっとも、韓国の危機は、韓国政府は否定しているが・・・・・・。
 もう一度「ウォン高」で1200ウォンに戻せれば、5ヶ月は持つ。だが、今月で1300ウォン近くで推移し、月末で戻せなければ、崩壊確定。

 ところで、日本で経済危機を叫ばれていないのは、実は物価が下落し始めたから。
過剰な円高により、ヨタやキャノンといった企業が収益を下げていながら、実生活上では恩恵が多大に受けられている。不況と言われているのは、売国企業。
 外からの輸入に頼っていた時の7月、8月の危機から一転、急激に円高により輸入製品が極端に安くなり、生活費が安くなった。その結果、庶民にとっては「不況」どころか「好景気」でしかない。
 思わぬ形で、経団連が痛手を被ったのである(笑)。
| Ryogo Sirokaze | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:57 | - | - |
Comment

amazon









Trackback

BLOGPET

イサミたんの部屋

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

ADMIN

無料ブログ作成サービス JUGEM

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Anti North and South Korea

Stop the Fabrication of Korea movement
No More Korean Boom!!
ブルーリボン運動(北朝鮮よ滅びろ!) No More Korean Boom!!

Search

Feed

Mobile

qrcode

Sponsored Links